こだわりん プロフィール

    食の物語を届けたい

    こだわりん
  • 大学:名古屋大学農学部 卒業
  • 身長:146cm
  • 血液型:Bがた
  • 好きなこと:おいしいもの食べる、お酒のむ

"Kodawarin"と"こだわりん"

"Kodawarin"と"こだわりん"。どちらも同じ呼び方ですが、表記の仕方によってちょっと意味がちがいます。

"Kodawarin"は、食の物語をウェブサイトやSNSで発信する「サービス」のこと。

"こだわりん"は、食の物語を発信している「人(発信者)」のことです。

"こだわりん"という主人公が、食の現場を通して感じたことなどを発信する場所が"Kodawarin"です。

なぜKodawarinを始めたの?

大学では、農学部を先行したこだわりん。植物や動物の体内メカニズムを勉強し、研究室では試験管を振っていました。
最先端の研究によって、いい品種を生み出すことが、私にとっての「食」であり「農業」でした。
野菜やその他の⾷品を⾒ると、自然と化学式や物質名が頭に浮かびました。

就活が始まる⼤学3年⽣のある⽇、⾷の現場を⾒てみたい!と、私は研究室を⾶び出しました。
初めて⾷の作り⼿さんの笑顔に触れた時、なぜか涙が溢れました。
味噌樽に密着するこだわりん

大学を休学して100件以上の食の作り手さんを訪れ、
商品(モノ)を見ただけではわからない「物語」に感動し、Kodawarinを始めました。

研究があってこそ、美味しいものが食べられているのも事実。しかし、現場で食を作る人の想いを感じられるようになったら、より食卓が豊かで温かなものになるのではないかと思っています。

大切にしている現場感

残念ながら、こだわりんは、'もの知り博士' ではないんです。とっても食の世界は、奥が深いし、どこまでも広いなあってつくづく感じています。。

そんな、わたしにできること。
それは、’生活者のひとり’ として
目の前で繰り広げられる食の物語を
等身大で表現し、共有すること。 こだわりん食の現場訪問

場所が遠かったり、ツテがなかったり...。
そんな普段なかなか見ることのできない
食の現場に足を運びます。

その場の状況をありのままに伝え、
感じたことをそのままに表現します。

こだわりんの大切にしていることは「親近感」です。

かっこつけるんじゃない、
ただありのままを見せる。

美しいものも、いびつなものも、
色々あるから愛おしくなってくる。

現場との距離をちょっとでも身近に感じてもらえるように、
リアルにありのままに、
食の物語を生活者の目線で伝えます。

すこしずつ、すこしずつ、
日々の生活の中で、
あなたの食べている食べものが
「誰がどのようにして作られたのか」を
想像したり感じたりできる世界になったらいいな。

食べてるこだわりん