作り手さんの想い

愛知県知多半島で受け継がれる練り製品。”ご縁をつなぐはんぺい屋さん”

愛知県の知多半島で『豊浜はんぺい』という魚の練り製品を作り続ける人がいます。
ここ(株)豊浜水産の理念は、”ご縁をつなぐはんぺい屋さん”。

今回は、はんぺいっとは?というところを始めに紹介しながら、後半では、豊浜水産の「はんぺいを作る一筋の想い」についてお届けしたいと思います。

「はんぺん」ではなく「はんぺい」という練り製品の文化

はんぺいの写真
「はんぺんじゃなくて、はんぺいなの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

はんぺいとは、一般的にいう「薩摩揚げ(さつまあげ)」のことです。しかし、はんぺいは、大豆や豆腐などの植物タンパクは使わずに「魚のすり身」だけを天然たんぱく源として成型し、油で揚げていきます。

口に入れた瞬間に広がる、白身魚のいい香り

ぷれぇんはんぺい

「豊浜はんぺい」といえば、白身魚のいい香りが口の中いっぱいにふわぁ〜と広がります。

魚肉練り製品って、言葉のとおり魚から作られているので、この「魚の香りがする」ことがポイントなのです。

いろいろな種類があるなかでも、特にプレーンはんぺいは、魚そのものの風味を楽しむことができますよ♪

とはいえ、この「豊浜ぷれぇんはんぺい」は、かなり「魚の香り」がするので、その理由を聞いてみました。

すり身の比率をグーンとあげた伝統的な製法

すり身
はんぺいをはじめとする魚の練り製品は、もともと保存を目的とした加工品です。

そのため、日持ちがするように加工を施していきますが、原価を下げるために合成のものを使うことが多いようです。

しかし、豊浜はんぺいでは、「スケトウダラのすり身」の使用率を限りなくあげることによって、その品質を保っています。

これこそが、先代から受け継がれている「こだわり」なんですね。

理念は "ご縁をつなぐ はんぺい屋さん"

このはんぺいを手がける豊浜水産の石黒代表は、こだわりんが、心から尊敬する作り人。
豊浜水産の石黒代表
石黒代表の理念は、ご縁をつなぐ はんぺい屋さん。何度も何度もこの言葉をおっしゃいます。

正直、こだわりんが初めてこの言葉を聞いた時は、なかなか「ご縁」と「はんぺい」のつながりを理解できませんでした。

しかし、代表の石黒さんと何度も話すうちに、この理念の偉大さに気づいたのです。
石黒代表とこだわりんがはんぺいを食べる
それは、ただ、美味しいはんぺいを作るだけでなく、美味しいの先にある「人と人とのつながり」に貢献したいという想いでした。

はんぺいをきっかけに、食べてくれる人がみんなで食卓を囲む。

そして、おいしさを感じたときって、ついつい「これ、おいしいね」って声がこぼれ、会話が生まれる。

おいしいをきっかけにして家族や友達みんなが笑顔になる。
笑顔の家族
おいしさは「独り占め」するだけじゃもったいないから、近所の人やご友人で「分け合う」ことにより、ご縁を深めていってほしい。

(株)豊浜水産の代表である石黒さんはそう語ります。

代々受け継がれる「はんぺい作り」の先にあるもの。それは、はんぺいの「おいしさ」がモノの価値を超え、「人と人とのご縁」に繋がることなんですね♪

今回ご紹介した、「ご縁をつなぐはんぺい屋さん『豊浜水産』」の製造直売所がオープンしたと聞きました。さっそく現地に訪問し、その様子がどんな感じなのかをご紹介したいと思います!!

  • 次の記事はこちら

    海から徒歩6分!愛知県南知多にオープンした、はんぺい製造直売所に訪問しました

  •  

    「Kodawarin(こだわりん)」では、いい食材の見分け方や、見たことのない面白い食品など、食にまつわるお役立ち情報を配信しております!
    (たまにクーポンあります…♡)