大切にしていること

Concept

料理を見ると、どんな気持ちで作ったのか、なんとなく作る人の気持ちが伝わってくる。

心を込めて作ったものは、やっぱり、おいしい。
そして、そのストーリーを知ると、なぜだか心温まる感じがする。

”作り手さんの愛がいっぱい詰まった本物のおいしさ”を、
一緒にいる大切な人と分かちあってほしい。

そんな想いで、私たちは、食育のイベントをお届けしています。

お約束

1. できる限りの”本物”を追求する

そこで、“作り手さんの想いとこだわりのある食べもの”を具体的に表す指標として、「おいしさへの追求」「安心安全への配慮」「丁寧な接客」の3つを総合的に判断。

全て無添加・無農薬というわけではありませんが、なるべく1から手作りされたもの、または、素材そのものの良さが感じられるものを厳選し、私たち自身が、作り手さんのストーリーを自信を持って語れるお店だけを集めています。 子どもから大人までみんなが“安心して食べられるおいしさ”お届けしています。

2. 全ての店舗、必ず取材する

どんな気持ちで作っているのか、その想い・こだわりを聞くことはもちろん、言葉にはならないノンバーバルな特徴までをも拾います。 作り手さん自身も知らない魅力も、第三者目線だから分かることがある。

そして、作り手さんは、当たり前に思っていることが、わたしたちから見たら素晴らしいこともある。 だから、私たちは、1店舗あたり平均3時間ほどかけて取材・撮影していきます。

3. モノだけじゃない。楽しい思い出を

おいしいものを買って食べる、それだけではありません。
日常のなかに、非日常な幸せを感じられるような、ただ、そこにくることが楽しいワクワクな空間にしたいと考えます。

食を通した親子の会話、作り手さんとの会話はもちろん、食育を絡めた体験や、心地よい弾き方りライブ、どきどきワクワクのビンゴ大会など、自然と家族の思い出として刻まれていくような、そんなひと時を過ごして頂けたら嬉しいです。

Storyと食育

食べものができるところから、食卓に並ぶまで。
何気なく食べているもののルーツをたどり、誰がどのように、どのような想いで作ったのか、

その背景を知り、その一部を体験することは、
好き嫌いや食べ残しを減らし、偏食を防ぐといった 食生活の改善に繋がるほか、

感謝の気持ちや、物事の奥行きを考える力、
想像力(Imagenation)や創造力(Creativity)を育むきっかけに繋がります。

  • 好き嫌いを減らす/ 食べのこしを減らす
  • 素材そのもののおいしさ、本物の味がわかる(味覚への訴求)
  • 心が穏やかになる(すぐキレるを防ぐ)
  • 体にとって “いいもの” を判断する力
  • 感謝の気持ち
  • 物事の奥行き( 真実) を見抜く力
  • 人の気持ちを察する優しさ・想いやりの心
  • 深みのある人間になる
→「食の改善」から「人としての成長」へ

開催の場所

CBCハウジング長久手

長久手市岩作長鶴50

次回 10月16日(日)

CBCハウジング蟹江

海部郡蟹江町北新田1-60

次回 10月2日(日)

\ ハロウィン収穫祭フェスティバル /

2022年10月29日(土)

10月30日(日)

名古屋港ワイルドフラワーガーデン
ブルーボネット

〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地