地域連携・コラボ

若手農家の可能性を応援したい。地域連携でともに笑顔を創る

はんぺい製造直売所で扱う「季節野菜」の奥に見えるもの

2019年3月にオープンしたばかりの、豊浜はんぺい製造直売所。

卸商品をメインで行ってきた(株)豊浜水産ですが、「地元の人たちに貢献したい」という想いから直売所をオープンしました。

こちらの直売所では、揚げたてのはんぺいが食べられるのはもちろん、季節野菜がゴロゴロ入った限定はんぺいや、オーガニックな新鮮野菜がそのまま並びます。


ここには、「はんぺい」を作っているからこそできる、「練り製品としてのはんぺい」だけの価値にとどまらない、農家に対する温かなものを感じることができます。

「若手農家さんの可能性を応援する。」

「農家さんは、素材そのもので勝負するから心から尊敬する。だからこそ、うちだって負けらんないよ(笑)」

はにかみながら話す(株)豊浜水産の石黒さん。本当に農家さんのことが大好きなんだなあと、こだわりんは感じていました。

そんな石黒さんが譲らないのは、野菜を必ず買い取ってお店に並べること。

農産物直売所の多くは、売れ残った野菜を農家さんがその日のうちに回収しに行きます。そのため、売れた分だけが農家さんの収益になり、売れなかった分は翌日また店頭に並べたり、廃棄されたりします。

しかし、豊浜はんぺいの直売所では、必ず農家の野菜を買い取ります。それが、(株)豊浜水産の「常識」だと言い張るのです。

様々な農家を回ってきたこだわりんにとって、それは驚きでした。鮮度がウリである野菜の全量買取は、とてもリスクが高いことだからです。

しかし、ここに「はんぺい製造所の強み」がありました。

良いものを最善の状態で売り切る。はんぺい直売所では、はんぺいだけでなく、野菜の説明もきちんとお客さんにお話できるようにしています。

そして、お客さんの反応を見ながら、旬野菜はんぺいへと加工することによって、農家さんから全量買い取っても、形を変えながら無駄にすることなく食べやすい状態でお届けできるのです。

その1つの代表例がコールラビ。キャベツとカブを組み合わせたようなちょっと変わりダネのお野菜を知っていますでしょうか?
コールラビ
「変わりダネのお野菜はお客さんとのコミュニケーションのきっかけにもなるんだよ。あまり食べたことのないお野菜だって、この機会に食べてもらえたら嬉しい。」そう石黒代表はおっしゃいます。

しかし、珍しい野菜はなかなか料理するのが難しいし、買うのに抵抗がありますよね…。

「だから、その時こそ、はんぺいの出番だよ。」

はんぺいにアレンジすることで、農家さんの想いの詰まった野菜を食べてもらえるように工夫するんです。
コールラビのはんぺい
(写真:コールラビのはんぺい)

コールラビってすごく食感がシャキシャキしていて驚き!!はんぺいのもっちり感のなかに、シャキシャキの野菜を感じられて美味しなあって思いました♪

コールラビは冬限定ですが、他にも、新玉ねぎ、かぼちゃ、などなど、「旬の季節」を感じることができます。

その時の収穫できる野菜だけが食べられる気まぐれな旬の野菜はんぺい。「次は何の野菜がはんぺいになるんかな?」って、楽しみになってしまいそうです♪

それぞれの個性を活かしあって生まれる地域の笑顔


(株)豊浜水産の理念は、ご縁をつなぐはんぺい屋さん。地域連携に対する考えの根本は、ここにあります。

農家さんだからできること、そして農家さんにとっては難しいこと。加工製造メーカーだからできること、できないこと。それぞれが個性を認めあいながら、時に切磋琢磨しながらお互いに活かしあっていく。

それが、地域の笑顔をともに創ることなのだと、気づきました。