パティスリーマージュ

「明日からまた頑張ろう」。お菓子から笑顔をお届けしたいと、パティスリーマージュの光永さんは語ります。

光永さんは、一度パティシエの職を辞めて違う仕事をしたこともありましたが、「人生は一度きり」と思い独立を決意。自分の得意なマカロンで、笑顔になって欲しいとパティスリーマージュを創めたそうです。

そんなパティスリーマージュさんのマカロンは、優しい甘さが特徴的。国産発酵バターなどの風味を活かすことで、お砂糖を控えめに仕上げられています。

外はサクサク・中はふわふわの生地に、国産発酵バターの風味が漂うマカロンは、どこかほっと安心するようなお菓子です。

焼き加減にもこだわりがあります。マカロンはとても繊細なため、表面にヒビが入らないように、一つ一つ丁寧にオーブンで焼き上げていきます。

焼き過ぎず、ちょうど良い焼き加減を見つけるのが大変だったそうです。このことを、パティスリーマージュさんは、「オーブンと仲良くする」と言っていました。