お肉感たっぷり!ジューシーハンバーグの作り方とひき肉の秘密

ゆりえ安藤 ゆりえ安藤

お子さんから大人までお肉料理の中でも人気な「ハンバーグ」
この記事では、そんなハンバーグの定番のおいしい作り方をご紹介します!
工程の多いイメージのハンバーグですが、いくつかのポイントを押さえることで美味しいハンバーグができます。
また、ハンバーグの主材料となるひき肉はお肉屋さんでどのように製造されているのでしょうか?
あわせてご紹介します。
紹介するのは管理栄養士で料理研究家の安藤ゆりえです。

           

1.ジューシーハンバーグの材料

 取材写真
 取材写真

まず材料はこちらです!
〈 材料 〉 2人分
〜ハンバーグ〜
合挽き肉 200g
塩 小さじ1/2
パン粉 30g
牛乳 50ml
玉ねぎ(みじん切り) 70g
溶き卵 1/2個
ナツメグ 少々
こしょう 少々
〜ソース〜
赤ワイン 50ml
トマトケチャップ 大さじ3
中濃ソース 大さじ3

           
スーパーでひき肉を選ぶ際はドリップ(汁)が出ておらず、色が鮮やかなものが新鮮な証拠ですよ
             

2.ジューシーハンバーグの作り方

 取材写真
 取材写真

次に作り方をご紹介します。
事前準備*パン粉を牛乳に浸しておく。
①みじん切りにした玉ねぎを炒めて冷ましておく。
(玉ねぎが温かいとお肉の油が溶け出し、ジューシーさがなくなってしまいます)
 ②ボウルにひき肉と塩を加えて粘り気が出るまでこねる。
(ここでしっかり粘り気を出すのポイント!ここでも温度が上がらないように手早く!)
 ③②にハンバーグのその他の材料を加えてこねる。
④小判形に成形し、両手でキャッチボールをして空気を抜く。
(空気を抜くことで割れるのを防ぎます)
 ⑤フライパンを熱し、強めの中火で両面を焼き固める。
(表面を焼き固めて肉汁が流れ出すのを防ぎます)
 ⑥弱火にして蓋をし、5分ほど蒸し焼きにする。
(中までしっかり火を通しましょう)
 ⑦竹串を刺して透明な肉汁が出てきたら焼き上がり。
⑧⑦のフライパンの油を軽く拭き取り、ソースの材料を加える。煮詰まってきたら完成。
好みの付け合わせとともに盛り付ける。

           
とってもジューシーでお店で食べるようなハンバーグの完成!
               

3.内藤精肉店ひき肉のこだわりとは?

 取材写真
 取材写真

内藤精肉店のこだわりは2つ。
1つ目は出産を終えた経産牛を使うこと。
経産牛は脂ののりが少し少なく、ひき肉にしてもくどくなりにくいとのことです。
2つ目は牛肉と豚肉の割合。
内藤精肉店では牛肉6割・豚肉4割の比率で混ぜ合わせています。
こだわりのおいしい配合だそうです。

           
黄金比は牛:豚が7:3と言われていますが、豚肉が多めなのでやわらかい食感です!
               

4.ひき肉そのものの味は?

 取材写真
 取材写真

試しに何の味付けもせず、つなぎも加えずひき肉だけを少し焼いていただいてみました。

ジューシーなのにひき肉特有の油っこさはなく、たくさん食べられそうな味わいでした!

ひき肉そのものが美味しいからどんなお料理にも合いそうです!

           
ひき肉といえどお店によって味わいがこんなに違うなんて!驚きでした!!
     
取材先情報
作り手さんの写真

営業時間: 9:45〜18:30(定休日:日曜・水曜)
0120-2526-44